FC2ブログ

冬芽ウオッチング

冬芽
01 /19 2020

1月14日(火)天気晴


15日は花の名しりたいの活動があるので

その前に下見を兼ねて冬芽ウオッチング


クヌギ

良く似たコナラは芽鱗に毛がありませんが、クヌギには灰色の毛が生えてます



コブシの花芽

花芽は大きく長軟毛に覆われてます


コブシの葉芽


ヤマザクラ

芽鱗の先は外側を向きます



アオハダ


ヤマグワ


ムラサキシキブ


ゴンズイ


シナマンサク

丸い花芽が割れて黄色い花弁が見えてました

真ん中の尖っているのが葉芽で芽鱗に星状毛があります

花弁が伸び出すのももう直ぐですね



スポンサーサイト



野草調査番外編その2

野草調査
01 /18 2020

1月11日(土)12日(日)


野草調査中に見られた生き物とその周辺のものです

長いものがお嫌いな方はスクロールせずにお戻りください


ウスタビガの繭1つめ

晩秋に羽化するのでもうこの繭は空です


2つめ

水が溜まらないように穴が開いてます


3つめ

最近見かけなかったウスタビガの繭が狭い範囲に3個も見つかりました

しかも3つ目には卵がついてました

ウスタビガの雌が羽化すると、飛んできた雄と直ぐに交尾し

抜け出たばかりの繭に卵を産みつけたのです

この卵は春に孵化します



ウメの木に鳥の巣

こんな所にこんな巣を作るのは誰でしょう?


コゲラではなさそうです


モズかもしれませんね



クワコの繭


シマヘビの亡骸

どうして今頃ヘビが?不思議です


ボーベリア・バッシアーナに侵されたカミキリムシ


ノウサギの糞


ナヨタケ


ウスベニイタチタケ


キオキナタケ?



野草調査番外編1

野草調査
01 /17 2020

1月11日、12日


野草調査で見られた木の花や実

野草調査ですから木本はカウントしないので番外編です


ウグイスカグラ

林縁にも林内にも咲いてました


柱頭が長く伸びてます



この花は柱頭に雄しべの葯がくっ付いてます


3つ並んで咲いてました


コウヤボウキの冠毛

ピンクが濃いですね



ヤブコウジ


マンリョウ


フユイチゴ


クコ


ビワ


ウメ

土曜日はよく晴れて暖かかったので

嬉しいことに1輪、2輪その日のうちに咲き出しました



今日は番外編その1でした

明日は番外編その2です

野草調査畑ルート

野草調査
01 /16 2020

1月12日(日)天気曇


お弁当を食べ、午後1時からは畑ルートの調査です

参加者は午前中と同様の8名

里山民家の庭からスタート



ナズナ


ムラサキサギゴケ


コハコベ


カンアオイ


ヒメオドリコソウ


シラユキスミレ

シラユキスミレ(ニョイスミレの白花)は果皮も種子も真っ白

未熟な種子ではありません

小粒の真珠のような種子を飛ばすのです


途中小雨も降る中の調査でした


畑ルートで蕾、花、果実(種子)、ソーラスをつけていた野草は

101種でした

そのうち花をつけていたのは写真とほかにも

スズメノカタビラ、ハルジオン、ホトケノザ、オランダミミナグサ、

ハキダメギク、オニタビラコ、オニノゲシ、ハナイバナ、オオイヌノフグリ

タネツケバナ、シロバナタンポポ、ノゲシの17種


野草調査林縁ルート

野草調査
01 /15 2020

1月12日(日)天気曇


林縁ルートの野草調査

日曜日の9時30分、里山民家に集合したのは

O氏、KS氏,H氏、KM氏、Oさん、Sさん、Yさん、散歩道の8名

〇山入り口からスタートしました


アキノノゲシ

痩果を飛ばした後も花のように綺麗です


チカラシバ

長い毛は刺毛です


ノハラアザミ


復活したトウゲシバ


ササ刈りされた斜面に上って調査


リョウメンシダ

大きなソーラスをつける


ヤブソテツ



アスカイノデ

深い緑色で大型のシダ


ソーラス


ヒメオドリコソウ


オモト


トウギボウシ


カシワバハグマ


オクモミジハグマ


林縁ルートで蕾、花、果実、ソーラスをつけていた野草は

125種

そのうち花を付けていたのは

オオイヌノフグリ、ホトケノザ、オランダミミナグサ、カンアオイ、

ミチタネツケバナ、ヒメオドリコソウ、ウシハコベ、アイノゲシの8種

コスミレ、アオイスミレ、シュンラン、コナスビは蕾をつけてました


野草調査林内ルート

野草調査
01 /14 2020

1月11日(土)天気晴


11日午後からは林内ルートの野草調査

午後1時に里山民家に集合したのは

O氏、Oさん、Sさん、Yさん、H氏、N氏、散歩道の7名


S谷戸入口から調査開始です


綺麗な青色のナガバジャノヒゲ

ジャノヒゲより大きめの種子



オオバジャノヒゲ

葉の中央脈を陽に透かすと白く見えます

果実に見えるのが黒い種子

茶色い果皮が残ってます



莢の紫色は消えたノササゲ


リンドウ果実


カンアオイ

ウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草



オオハナワラビ

栄養葉の葉先が尖り鋸歯も鋭い

胞子は既に飛んでいます



ヘクソカズラ


オケラ

冠毛が豪華です


林内ルートで蕾、花、果実(種子)、ソーラスをつけていた野草は

89種

そのうち花を咲かせていたのは

カンアオイ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、スズメノカタビラ、タネツケバナ

の5種だけで後は果実とシダ植物でした


野草調査あぜ道ルート

野草調査
01 /13 2020

1月11日(土)天気晴


毎月第2土曜日曜は野草調査

11日の午前中はあぜ道ルートの調査でした

9時30分に里山民家に集合したのは

M氏、Oさん、Sさん、Yさん、散歩道の5名

水路脇から調査開始です


田んぼにも入って調査します


ピンクがかったオオイヌノフグリ


田んぼに咲いていたタネツケバナ


ノミノフスマはたくさん咲いてました


頂小葉が大きく花も大きめなオオバタネツケバナ


湿地も畦道ルートに入ってます


葉に隠れるようにして咲いていたキランソウ


ムラサキサギゴケ


ずい分赤いムラサキサギゴケ



毛布のような毛で温かそうなヒメオドリコソウ


ホトケノザ



などなど畦道ルートで蕾、花、果実、ソーラスをつけていた野草は

113種

このうち花をつけていたのは写真を載せた種のほか

カタバミ、ハキダメギク、ウシハコベ、ハルジオン、シロツメクサ、

トキワハゼ、スズメノカタビラ、ハハコグサ、イヌガラシ、ナズナの18種

やはり1月ともなると見られる野草は少なくなりますね


モニタリングサイト1000里地調査

野草調査
01 /12 2020

1月11日(土)天気晴


今年初の野草調査の日


私たち生き物倶楽部が行っている野草調査は

環境省自然環境局生物多様性センター主催の

モニタリングサイト1000里地調査で

全国約240カ所で行われている調査です

2008年から参加し、今回感謝状を頂きました



里地調査のとりまとめ報告書

117ページにわたる調査のとりまとめ報告書も出版されました


その中で私たちの活動の様子が紹介されました

右上の写真です


 外来植物の防除活動とモニタリング】 


【調査を活用した希少種の保全活動】



地道に活動を続けてきたことを掲載していただけたことに

感謝申し上げたいと思います


ミソサザイとアカゲラ

野鳥
01 /11 2020

1月9日(木)天気晴


ちょっと風は強いですがよく晴れて暖かく、こんな日はミソサザイも出てくるかな

と懲りずに行ってみました


出てきました! ミソサザイ


小さくって顔も可愛いですが爪は鋭いです


この顔、ミソサザイは可愛さNo1の鳥になりました



ミソサザイがもう出てこないので帰ることに

おやっ ドラミングの音 どこでしょう?

近いのにどこにいるのか分からず。。。

やっと見つけたアカゲラ



こんなポーズではアカゲラらしくないですが

撮ったら直ぐに飛んでしまいました


この冬アオゲラは何度か見ましたがアカゲラは初めて

ミソサザイとアカゲラが見られて満足



リベンジ・ルリビタキ

野鳥
01 /10 2020

1月6日(月)天気晴


この前はルリビタキが出てきたところで電池切れだったのでリベンジです


今回はカメラマンも居らず一人静かに待っていると直ぐに出てきてくれました




背中の青色が微妙に変化して見えます




前を向いてほしいなあ、と思っていると枝に止まってこちらを向きました






枝から下りてワイヤーに止まったルリビタキ1分間です




今回は満足いくまで撮らせてもらいました

有難う照れ





緑の散歩道

野山北六道山公園のボランティアをしながら狭山丘陵の自然を楽しんでいます。